ルアー釣りをする前に知っておこう ルアーの種類

本物のエサとは違い、ルアーでの釣りは動きを与えないと魚が食ってこないです。
つまり演技をするのはルアーだが、それをうまく演出するのが釣り人の腕になる、ということです。
ここでは基本的なルアーを紹介します。

・スプーン
 ルアーの原型と言われています。ボディ部分は金属を打ち抜いたりプレス加工したものが多いです。ボディの形やカーブにより回転したり、尻を振ったりします。サケやマス類を釣る時によく使用されるルアーです。

・スピナー
 金属でできたボディの前にブレイドと言う翼があって、これがくるくる回転する事により子魚が泳いでいるように見えるのです。一般的には流れのあるところで使う事が多いです。

・プラグ
 木製のものやプラスチックのものがあり、子魚や小動物に似せて作られています。プラグは大きく分けると水に浮くフローティングタイプと水に沈むシンキングタイプがあります。

・メタルジグ
 真ちゅうや鉛などの重い金属を使い作られているルアーです。深いポイントを狙う時に使用します。いったん沈めたジグをジギングして魚を誘います。

・ソフトルアー
 柔らかいプラスチックでつくられているルアーで、ミミズやカエル、ザリガニなどに似せて作られています。ブラックバス釣りなどでよく用いられます。

ルアーが使えるようになるとエサ釣りとは違う釣りの世界を体験できます。
エサ釣りしかした事がない人はルアー釣りに挑戦してみましょう。












JALカード|腰の痛みを和らげるエアークッション|貯蓄|フィッシュグリップとは|SEO対策|工務店ノウハウ|会社設立|初値予想|童話集|人気サイト|生命保険の口コミ|ページランク|女性の人生|

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする