アジの泳がせでヒラメを釣る | メタルジグの世界

アジの泳がせでヒラメを釣る

食べて美味しい釣って楽しい高級魚、ヒラメ。
そんなヒラメを岸から簡単に釣る方法をご紹介します。

現在ではワームやミノーと言ったルアーによる攻略が確立され各地で賑わいを見せていますが、実は結構難しくて釣果を上げるまでは多少苦労することでしょう。
どうしても1枚釣ってみたい、そんな方にオススメなのが生きたアジを使った泳がせ釣りです。

ヒラメはフィッシュイーターとしても知られ、小型の魚を捕食します。
その習性を利用して釣ってしまおうと言うわけです。
生きたアジの入手は釣具屋さんなどでも購入出来ますし、足元に群れが回っていればサビキ釣りで確保しても構いません。
仕掛けは大型のウキを使って広範囲に流したり、胴付きと呼ばれるオモリを使う仕掛けでは1ヶ所を重点的に狙うことも可能です。
針をセッティングする時は魚が弱らないように背掛けにし、孫針はお尻の部分に刺します。刺し終えたら速やかに仕掛けを投入してください。

ここからが重要なポイント、アタリが出てもすぐに合わせてはいけません。
じっくりと捕食させて針が掛かるように我慢するのです。
次に大きなアタリが出たら一気に合わせましょう。
魚が乗ったら竿のしなりを十分に効かせて寄せて行くとバラシの確立も大きく下がります。
ルアーが難しいと思った方は是非試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする