釣った魚は生け締めを忘れずに | メタルジグの世界

釣った魚は生け締めを忘れずに

自分で釣った魚を自宅に持ち帰って調理するのは、魚釣りの大きな魅力の1つです。

しかし、魚を釣ってすぐにあることをしておかないと、せっかく釣った魚の味がガタ落ちしてしまうのです。

魚釣りで魚を釣った後に欠かしてはいけないこと、それは「生け締め」です。

生き締めとは、魚のエラの横と尾の付け根に包丁を入れ、そこから魚の血をできるだけ絞り出す行為のことを指します。

一見すると残酷に見えますが、クーラーボックスの氷の中で長い間苦しめることがなく、また魚の血を手早く抜くことで生臭さを抑えて身を引き締めることができるという合理的な方法なのです。

この生け締めをするかしないかでは、釣った魚の味に天と地ほどの差がついてしまいます。

特に、サバやイワシのような傷みやすい魚はこの差が顕著になりますので、手早く血抜きをすることが重要です。

もし血抜きの方法が分からない場合は、頭と内臓をその場で取り去って海水で洗えば、それで十分に血抜きになります。

また、船釣りの場合は船員さんに血抜きをしてもらうのもいい方法です。

きっと手早く処理してくれることでしょう。

魚釣りで釣った魚は必ず生け締め。これを忘れなければ釣った魚をより美味しく食べることができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする