札幌で釣りをするなら一級河川の豊平川がおすすめ | メタルジグの世界

札幌で釣りをするなら一級河川の豊平川がおすすめ

北海道の盛夏はお盆すぎまでです。朝晩の冷え込みがすぐに始まります。

それでも昼間は30度近くまで暑くなることもあります。

特に札幌は中央区にビル群が集中しているのでアスファルトの照り返しと、ビルの排気熱で湿度も上がっています。

中央区のお隣豊平区には、第一級河川の豊平川が流れています。中島公園の近くの幌平橋のあたりは、川釣りの隠れた人気スポットです。

南に流れる川の向こうには藻岩山も見えて、自然が楽しめます。

暑い日は中州に涼を求めて人が集まっていますが、釣りの邪魔にはなりません。

リバーサイドコースはマラソンや犬の散歩、サイクリングにも使われますが、真夏の暑い日には早朝と夕方しか人がいません。

幌平橋の真下で釣りをすると日陰と川の冷気でかなり涼しいです。

魚も日陰に集まりやすいので思ったより釣れますよ。

普段はヒザ下までしかなかった水位も、前日に雨が降るとけっこう川の水位が上がり、水も濁っています。

危険なのでそういう日は釣りを中止しましょう。中心地から近く、自然のあふれる豊平川は結構穴場の釣りスポットなのでぜひ行ってみて下さい。

アクセスは地下鉄南北線幌平橋駅と中央バス幌平橋停留所から徒歩10分程度ですぐ川にたどり着きます。人通りも穏やかです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする