ルアーを使って上手く魚を釣るコツを紹介します | メタルジグの世界

ルアーを使って上手く魚を釣るコツを紹介します

えさを使った釣りに比べると、ルアーを使った釣りは難しい、そう思われている方がかなり多いと思います。

ですが、ルアー釣りというものはそこまで難しいものではありません。

少しコツを掴めば、誰にでも出来るものなのです。

そのルアー釣りのコツを、これからご紹介します。

といっても、実はルアーというものは、普通にセットしたあとリールを巻くだけで(これをリトリーブといいます)それなりに機能してくれます。

なので、極論すればルアー釣りのコツとは、ただルアーをセットしてリトリーブするだけとなります。

これだけでもそこそこ釣ることが出来ますが、その上を行くなら、ルアーの動かし方を少し工夫する必要があります。

その工夫の代表が、ポーズを入れることです。
これは、リトリーブの最中にあえて動きを止めることで、ルアーの動きを不規則なものにすることを目的としています。

これをやると、魚がルアーに食いつく確率が上がります。

他にも、ロッドを意識的に動かすことで、ルアーの動きを変則的にする事が出来ます。

この、ポーズ入れとロッドの動かし方こそ、ルアー釣りのキモだと言えるでしょう。

それ以外にも、狙ったところにルアーを飛ばせるキャスティングの技術を上げることで、魚が食いつく確率をあげることが出来ます。

なので、ルアー釣りをするなら、ルアーの動かし方を極めるだけでなく、キャスティングの技術も上げておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする