浅瀬にいる渓魚との知恵比べ | メタルジグの世界

浅瀬にいる渓魚との知恵比べ

私は、渓流釣り専門の釣師ですが半職漁師の為、数と大きさを揃えなくてはならず、楽しむ釣りは漁期の内1度か2度が良い所でした。

もっと楽しむ釣りが出来る様にする為には魚を確保する事以外有りませんので色々と考えましたが、以前から水深20cm位の浅瀬に丁度良い大きさの魚が居るのを幾度となく目にしていましたが、浅すぎて仕掛けを流せずに魚を逃がしてばかりいました。

仕掛けには目印と錘と針が付いています。

浅瀬に仕掛けを流す場合、錘を底に付くか付かないかの所を流す訳ですが、そうするには川の横に居て釣る様になり、横に行った途端に魚に見付かってしまい逃げられてしまいます。

考えた結果、錘を付けないでやれば良いのではないかと思い錘だけを外して挑戦しました。

結果は、軽くてポイントまで仕掛けが届かず失敗しました。

しかし、流れ方は良い感じだったので再度考えました。

その後、試行錯誤しまして、目印を仕掛けを飛ばす時の錘になる位の重さの物を使えば良いと思い目印ではなく浮子を使ってみました。

思った通りに飛んで流れますが、仕掛けが浮子に絡んでしまい変な所で糸が絡んでしまい解くのに時間がかかってしまいました。

何軒もの釣具店を見て回り、中通し浮子を見つけました。発泡スチロールに色を着けた1cm位の物で中心に穴が有り、そこに糸を通して楊枝の先位の木で止める物です。

これを使った所、水深20cmどころか10cmでも川の横に立たずに流せる様になり、釣果は倍位になりました。

おかげで漁期の半分ほど友人たちと楽しむ釣りが出来る様になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする